EN

技術レポート
「金属選択エッチング液」

高機能な表面処理薬品「金属選択エッチング液」
~ターゲットとする金属のみの除去を可能に~

日本化学産業株式会社(社長・柳澤 英二)は、長年にわたり、電子部品や樹脂の金型、電鋳品など、さまざまな用途の表面処理ニーズに応えてきました。特に、特定の金属だけを取り除く「金属選択エッチング」分野においては、対象物の素材や形状、金属の種類や組み合わせに応じた、高度なエッチングが可能なことから、国内外の多くのお取引先から信頼をいただいています。

電子基盤

【選択エッチングとは?】

エッチングとは、薬剤を使って金属を溶解させる技術です。機械的な加工方法に比べて微細加工性に優れるため、基板上の配線形成をはじめとした、さまざまな用途に用いられています。エッチング液を用いるウェットエッチング法は、ガスなどを用いるドライエッチング法に比べて、コストや量産性においても優れています。金属の種類によって反応する薬剤の種類が異なるため、適切なエッチング液を選定することが重要です。

エッチングの中でも、「選択エッチング」は、複数の金属が存在する基板上から、ターゲットとする金属だけを取り除く技術で、そこで重要となるのが、より金属に適したエッチング液の選定と高度なコントロールです。

銅とクロムの「金属選択エッチング」の例

【当社の選択エッチング液の特長】

当社では、長年にわたる表面処理薬剤の開発を通して、表面処理を施した対象物から、素材や形状、金属の種類や目的に応じて、特定の金属だけを取り除けないだろうか」という潜在的なニーズに着目し、選択エッチング」の技術開発に取り組みました。

その結果、非鉄金属塩類の製造や表面処理薬剤の開発を通じて培った「各種金属の特性」への知見と電気化学的なアプローチを組み合わせることで、ニッケル用」クロム用」銅用」など、除去する金属に対応したエッチング液の開発に成功しました。独自技術に基づいた選択エッチング液の上市とともに、選択性エッチング」というワードを日本で初めて提案しました。

当社の選択エッチング液は、高い金属選択性を実現できることから、情報機器の高度化、高密度化が進む中で、より精密なエッチングが必要とされる、国内外の電子基盤メーカーを中心にお使いいただいています。特に「アルカリ性クロムエッチング液」は、多様な金属を扱ってきた当社ならではの技術の確かさで、お取引先から信頼をいただいています。

クロムシード層のエッチング液での除去例

<金属の組み合わせによる選択エッチング>

金属の組み合わせによる選択エッチングの比較表

【豊富な製品ラインナップ】

当社の選択エッチング液には、銅配線へのダメージがほとんどなく、シード層を除去できる「アルカリ性クロムエッチング液」をはじめ、「ニッケル選択エッチング液」、ニッケルクロムエッチング用の「FLICKERシリーズ」、銅を選択的に溶解する「銅選択エッチング液」などが揃っています。

代表的な製品
その他エッチング液

【国内生産による安定供給体制と技術支援体制】

当社では、国内拠点での開発・生産・営業により、安定した製品供給体制ときめ細やかな技術支援体制を構築しています。お客様のニーズに即したエッチング液をご提案するとともに、エッチング液の品質を維持する上で重要な薬液管理についても、電気化学測定によって最適な状態で薬液を管理できる、独自の「薬液管理システム」を構築しています。お客様のニーズに即して、新規立ち上げから維持、改良まで、専門の技術者がサポートさせていただきます。

<電気化学測定を応用した薬液管理システム>

薬剤管理装置
サポート体制
年間サポート件数約200件の実績

R&Dセンターでは、お客様の課題やご要望に基づいた対応、製品評価、製品解析を行っています。当社は80年余りにわたって、お客様に親身に寄り添い、課題解決に向けてサポートさせていただいた実績があります。

金属選択エッチング液の詳しい製品情報や取扱い製品、技術情報は、
こちらからダウンロードいただけます。

お問い合わせ

まずはお問い合わせください。お客様のニーズに合わせた最適な製品を提供させていただきます。

電話アイコン

お電話でのお問い合わせ

平日:10:00〜17:00(祝日を除く)で承っております。

薬品営業本部 表面処理営業部

東京営業課

TEL03-5246-3453

お問い合わせはこちら