English
menubdr
トップページ
What's new
会社案内
製品紹介
IR情報
採用情報
お問い合わせ
サイトマップ
電子公告
uN

・日化産の事業領域 ・薬品事業 ・建材事業

 
無電解ニッケル黒色めっき
当社黒色めっきのメカニズム
 黒色めっき専用の無電解ニッケルめっきを専用の黒化処理液に浸漬してめっき表面を酸化、および粗化することで、1μm未満の特殊な皮膜(黒色皮膜)が形成されます。この黒色皮膜によって可視光の反射率が下がるため、表面は暗色(= 黒色)になります。
 
黒色めっきの目的
  • 重厚感や高級感付与による外観向上
  • 光学部品の反射防止
 上記目的のためには可能な限り濃くムラの少ない黒色、そして用途に合わせて光沢の高低を選択する必要があります。めっきによる黒色化の場合、塗装方式では得られなかった性能を得ることができます。
 当社の黒色用無電解ニッケルめっき液ラインナップとして金属光沢を残した濃黒色皮膜用めっき液「ニッケルブーマーブラックシリーズ」、および低光沢・超濃黒色皮膜用めっき液「ニッケルブーマーSLB」があります。
 
塗装 黒色めっき
  • 色ムラが生じる
  • 塗料厚みが不均一になりやすい
  • 表面が絶縁体になる
めっき方式
  • 均一な黒色を得られる
  • 全体にわたって均一な厚み
  • 表面が伝導性を持つ
  
 
黒色用無電解ニッケルめっき液ラインナップ
 
ブーマーブラック ブーマーブラック2 SLB ※250℃超の熱処理必須

  • めっきと黒化処理の処理時間が短く、作業性に優れる
  • 金属光沢をもつ
  • 濃黒色ムラが生じにくい
  • 色退色が起こりにくい
  • L*(SCI) 10前後の超濃黒色
  • 他の低光沢黒色処理と比べて接触性に優れる
低リンタイプ
L*(SCI) : 35 ~ 40
低リンタイプ
L*(SCI) : 30 ~ 35
低リンタイプ
L*(SCI) : 10前後

  • 装飾品への着色
    高級感重視
  • 塗装の代替
  • 装飾品への着色
  • 塗装の代替
  • 光学部品
※ すべてPbフリー
 光沢タイプ・低光沢タイプともに表面を綿棒で軽くこすっても、綿棒に黒色層の付着がありません。
 
光沢/低光沢皮膜写真
 光沢タイプは金属光沢を持った重厚感のある黒色を、低光沢タイプは表面に像が映り込まないマットな黒色を呈します。表面は、光沢タイプは微細なクラック形状、低光沢タイプは非常に粗な形状をしています。
 
 
各種黒色めっきL*(SCI)比較
 L*(SCI) : 色の明るさを表します。黒色が濃いほど低い数値になります。
 
各種黒色めっき可視光反射率
 
より詳しい内容についてはこちらからお問い合わせ下さい。
 
All rights reserved (c)2017 NIHON KAGAKU SANGYO CO.,LTD.